SNSで使われる動画広告について

SNS普及による動画広告の効果とは

動画広告の市場拡大


2014年くらいから「動画広告元年」と言われるようになりました。市場規模が2016年では842億円と言われており、2022年には2,918億円に達すると言われています。中でもスマートフォン動画広告は動画広告市場の7割を超えており、2022年には84%を超えると言われています。(引用:オンラインビデオ総研より。)

動画が流行っていることの背景に、視聴するメディアがテレビからインターネットに変わってきているというのがあります。ほとんどの人が今ではスマートフォンを所有しており、いつでもどこでもインターネットに接続できる環境にいます。それによって、コミュニケーションが「一方的」から「双方的」になってきています。つまり、自分から発信することができる時代になっています。そのおおもとになるのが「SNS」です。SNSの種類も今やありふれてきていますが、主に使われているのが、Facebook、Twitter、LINE、Instagramなどです。また、それと合わせてYoutubeやニコニコ動画などの動画サイトが流行ったことにより、動画が身近になっています。Youtubeなどの広告も、昔はただ広告を流すだけというものもありましたが、最近では、閲覧したものやその人に合わせたコンテンツ、イベント性のあるコンテンツなどが増えてきて、広告を受け入れない人も減ってきています。動画もSNSで発信をすることも増えたため、「動画」そのものが普及しているのです。

 

こちらでは、SNS動画広告をお考えの方に、SNS動画広告の価値や、実際導入する際に大切にしたほうがいいこと、すべきことなどをお伝えしていきます。