SNSで使われる動画広告について

SNS普及による動画広告の効果とは

SNSにおける動画広告の価値


動画広告は、大きく2つに分かれています。「インストリーム広告」「アウトストリーム広告」です。

「インストリーム広告」とは、Youtubeなどの動画コンテンツに流れる動画のことです。「インストリーム広告」の中でもいくつか種類があります。一つ目が「プレロール広告」です。これは、動画が再生される前に表示される広告のことです。二つ目が「ミッドロール広告」です。動画を再生している途中に再生される動画です。最後に「ポストロール広告」です。こちらは、動画本編のあと表示されるものです。それぞれ使い分けをすることができますが、共通して言えるのは、動画を閲覧している人に対して訴求するので、見てもらえる可能性が高いです。

次に、「アウトストリーム広告」とはウェブサイトの広告枠に表示される動画です。こちらも種類がいくつかあります。一つ目が「インバナー広告」です。バナー広告枠に表示されます。二つ目が「インリード広告」です。記事の途中で表示される動画広告です。最後に「インフィールド広告」です。SNSのフィールド内で表示される動画広告です。

SNSの普及に伴い、「アウトストリーム広告」が主流になりつつあります。なぜなら自然に自分の閲覧しているコンテンツに動画が入り込んでくるからです。