SNSで使われる動画広告について

SNS普及による動画広告の効果とは

動画広告は制作会社へ


もちろん動画は誰でも配信が可能です。しかし、企業として配信する場合、費用がかかります。特に、多くの人に見てもらおうとすればするほど費用がかかります。広告というのは、かけた金額が全て返ってくるということはほとんどないことは周知の事実です。しかし、費用をかけるのであれば、できるだけ低コストで高い収益を得たいと考えるのが企業です。それであれば、動画制作を行っている会社へ依頼をすることが必須になってきます。特に、マーケティングについての知識、実績のある企業です。

動画広告と言っても幅広く種類がありますし、同じSNSでも、FacebookとLINEだと特性が違いますし、TwitterとInstagramでも特性が違うように、それぞれ特性があります。なので、それぞれの特性とメリット・デメリットをしっかりと熟知している必要があります。それだけではなく、マーケティングの経験が必要です。つまり、どういうサービスをどういう顧客層に向けてアプローチしていきたいか、です。広告というのはマーケティング有りきなのです。そこにSNSの特性を差し込んでいきます。最後に、動画の精度の高さが求められます。最近では、動画が身近になってきているので、動画になれている人が増えています。だからこそ、質の高い動画がより多くの人に見られる時代です。そのため、動画広告をお考えの方は制作会社へ依頼し、効果的な広告をうつことが良いでしょう。


SNSにおける動画広告の価値


動画広告は、大きく2つに分かれています。「インストリーム広告」「アウトストリーム広告」です。

「インストリーム広告」とは、Youtubeなどの動画コンテンツに流れる動画のことです。「インストリーム広告」の中でもいくつか種類があります。一つ目が「プレロール広告」です。これは、動画が再生される前に表示される広告のことです。二つ目が「ミッドロール広告」です。動画を再生している途中に再生される動画です。最後に「ポストロール広告」です。こちらは、動画本編のあと表示されるものです。それぞれ使い分けをすることができますが、共通して言えるのは、動画を閲覧している人に対して訴求するので、見てもらえる可能性が高いです。

次に、「アウトストリーム広告」とはウェブサイトの広告枠に表示される動画です。こちらも種類がいくつかあります。一つ目が「インバナー広告」です。バナー広告枠に表示されます。二つ目が「インリード広告」です。記事の途中で表示される動画広告です。最後に「インフィールド広告」です。SNSのフィールド内で表示される動画広告です。

SNSの普及に伴い、「アウトストリーム広告」が主流になりつつあります。なぜなら自然に自分の閲覧しているコンテンツに動画が入り込んでくるからです。


動画広告の市場拡大


2014年くらいから「動画広告元年」と言われるようになりました。市場規模が2016年では842億円と言われており、2022年には2,918億円に達すると言われています。中でもスマートフォン動画広告は動画広告市場の7割を超えており、2022年には84%を超えると言われています。(引用:オンラインビデオ総研より。)

動画が流行っていることの背景に、視聴するメディアがテレビからインターネットに変わってきているというのがあります。ほとんどの人が今ではスマートフォンを所有しており、いつでもどこでもインターネットに接続できる環境にいます。それによって、コミュニケーションが「一方的」から「双方的」になってきています。つまり、自分から発信することができる時代になっています。そのおおもとになるのが「SNS」です。SNSの種類も今やありふれてきていますが、主に使われているのが、Facebook、Twitter、LINE、Instagramなどです。また、それと合わせてYoutubeやニコニコ動画などの動画サイトが流行ったことにより、動画が身近になっています。Youtubeなどの広告も、昔はただ広告を流すだけというものもありましたが、最近では、閲覧したものやその人に合わせたコンテンツ、イベント性のあるコンテンツなどが増えてきて、広告を受け入れない人も減ってきています。動画もSNSで発信をすることも増えたため、「動画」そのものが普及しているのです。

 

こちらでは、SNS動画広告をお考えの方に、SNS動画広告の価値や、実際導入する際に大切にしたほうがいいこと、すべきことなどをお伝えしていきます。